依頼試験・技術相談・認証規程


別表1 依頼事項の区分「性能及び評価試験」で実施する試験項目


項目 細目 試験項目・試験の概要 備 考
(1)機械器具等の安全性能試験 A-1 電気機械器具等の防爆性能試験 1)衝撃試験
2)温度試験
3)容器の圧力試験
4)火炎逸走防止性能試験
5)火花点火試験
6)耐電圧試験
7)配線用器具の防爆性能試験
8)接続箱の防爆性能試験
A-1~A-4は、規程の第2条第1項第2号の相談・指導によって製作された機械器具等の場合、その試験の依頼は受理できない。

A-1の1)~6)の試験は、IEC60079規格群による試験とする。
A-1の8)は、申請者の要望により防爆性能適合証を発行。
A-2 非電気機械器具等の防爆性能試験 機械制御機器、機械器具等の衝撃耐性、摩擦熱、温度上昇、衝撃火花点火、その他の防爆性能に関する試験 A-2は、IEC/ISO、EN13463等に基づき、試験の概要に例示した中から申請者の指定した試験を実施。
A-3 乾式安全器の安全性能試験 1)口径15A以下の乾式安全器
2)口径15A超過の乾式安全器
3)乾式安全器の試験希望地での試験
A-3は、申請者の要望により安全性能適合証を発行。
A-4 安全靴の性能試験 1)衝撃試験
2)圧迫試験
3)かかと部の衝撃吸収及び強度試験
A-4の試験は、JIST8101による。
(2)呼吸用保護具等の性能試験 B-1 防じん・防毒マスク・電動ファン付き呼吸用保護具の面体試験 1)二酸化炭素濃度上昇値
2)排気弁の作動気密性
3)吸気抵抗
4)排気抵抗
5)しめひも及び取付部分の強度試験
6)連結管及び取付部分の強度試験
B-1~B-5は、申請者との協議による試験条件での試験も実施。
B-2 吸収缶・ろ過材料の粒子捕集性能試験 1)試験粒子(塩化ナトリウム) の粒度分布
2)試験粒子(DOP)の粒度分布
3)塩化ナトリウム粒子の捕集効率と吸気抵抗(初期値)
4)DOP粒子の捕集効率と吸気抵抗(初期値)
5)塩化ナトリウム粒子の捕集効率と吸気抵抗上昇値(負荷試験)
6)DOP粒子の捕集効率と吸気抵抗上昇値(負荷試験)
7)標準フィルタの初期捕集効率試験(塩化ナトリウム粒子)
8)標準フィルタの初期捕集効率試験(DOP粒子)
B-3 防毒マスク吸収 缶・吸着剤の性能試験 1)シクロヘキサン蒸気に対する破過時間
2)塩素に対する破過時間
3)アンモニアに対する破過時間
4)亜硫酸ガスに対する破過時間
5)吸収缶の気密性
6)吸収缶の通気抵抗
B-4 電動ファン付き呼吸用保護具の性能試験 1)揺動形人体模型による漏れ率
2)試験粒子による捕集効率(負荷試験)
3)面体の内圧
4)フード・フェイスシールドの最低必要風量
5)騒音
B-5 化学防護服の性能試験 1)マンテストによる防護服内部への漏れ率
2)マンテストによる防護服内部への漏れ率(JAB認証)
B-5の試験は、JIS T8124-1 4.3.2 及び JIS T8124-2による。
B-5の2)は試験回数10回
(3)化学物質等の爆発・火災危険性評価試験 C-1 粉体の爆発特性試験 1)爆発性の有無及び爆発下限界(吹き上げ法)
2)最大爆発圧力・圧力上昇速度・Kst値(30L容器法)
3)爆発限界酸素濃度(30L容器法または吹き上げ法)
4)浮遊状態の発火温度
5)堆積状態の発火温度
6)粉体層の安全乾燥温度
7)最小着火エネルギー
8)粒径分布
C-1~C-4は申請者との協議による試験方法・条件での試験も実施。
C-2 ガス・蒸気の爆発特性試験 1)爆発性の有無(爆発性有りの場合は爆発下限界濃度)
2)爆発上・下限界
3)爆発圧力特性(爆発最大圧力及び最大爆発圧力上昇速度)
4)爆発限界酸素濃度
5)三成分系の爆発範囲
6)蒸気(液体)の発火温度
7)最小着火エネルギー
C-3 液体の燃焼特性試験 1)引火点(タグ式、セタ式またはクリーブランド式)
2)燃焼点(タグ開放式またはクリーブランド開放式)
C-3は、主として消防法危険物第4類の燃焼特性に関する試験
C-4 固体の燃焼特性試験 1)小ガス炎着火試験
2)引火点
C-4は、主として消防法危険物第2類の燃焼特性に関する試験
C-5 自己反応性物質の発熱特性試験 1)DSCによる熱分析試験
(4)静電気の帯電特性試験 D-1 液体・固体・粉体の導電性能試験 1)液体の導電率・固体の電気抵抗率(表面抵抗率、体積抵抗率)試験
2)粉体の体積抵抗率試験
D-1~D-4は申請者との協議による試験方法・条件での試験も実施。
D-2 帯電防止処理の施された加工品等の帯電防止性能試験 1)原材料等未加工品の電気抵抗(導電性能)試験
2)加工・成形品等の電気抵抗(導通性能)試験
D-2とD-3は、試験用サンプルとして加工品を破壊する場合もある。
D-3 導電性繊維混入布地・加工品等の帯電防止性能試験 1)導電性繊維混入布地の帯電防止性能試験
2)導電性繊維混入加工品等の帯電防止性能試験
D-4 高電圧放電による可燃性物質の着火危険性評価試験 1)高電圧放電エネルギーの測定試験
2)高電圧放電による可燃性物質への着火危険性試験
D-4は、試験条件等について申請者との協議により実施する場合あり。
(5)その他 会長が認めた性能及び評価試験に関する細目 安全帯のほか、申請者から要請された依頼事項の試験で、(1)から(4)には該当しないもの。