検定合格証等のコピー防止用紙切換えについてのお知らせ


 検定合格証等をコピー防止用紙に切り替えます。具体的な対象と実施開始時期は以下のとおりです。

 ① 産業安全技術協会が交付する以下の書面をコピー防止用紙に切換えます。
  ・ 新規個別検定の明細書と不合格通知書
  ・ 新規型式検定合格証と不合格通知書
  ・ 機能安全に係る適合証明書
  なお、以下の書面は、従来どおり通常の用紙(コピー防止でないもの)を使用します。
  ・ 同一型式一覧表
  ・ 添付図面一覧表
  ・ 製造検査設備等の概要書
  ・ 保護帽の合格証の別紙
  ・ 動力プレスの明細書
  ・ 添付図面

 ② 切換え開始日:平成30(2018)年4月1日から(交付日を基準とします。)

 備考1.更新検定に合格したものは、有効期間用の続紙が追加された場合だけ、当該続紙についてコピー防止用紙を使用します。
 備考2.再交付の場合、上記①についてコピー防止用紙を使用します。
 備考3.新規型式検定合格証及び機能安全に係る適合証明書に別紙が付く場合、当該別紙もコピー防止用紙を使用します。
 備考4.コピーした場合のイメージは、こちらをご参照ください。

<お願い>
 以下の書面については、コピー防止用紙に印刷して作成しますので、電子ファイル(ワード、pdf等)を担当検定員へメールにて送信願います。
  ・ 個別検定対象のゴム、ゴム化合物又は合成樹脂を練るロール機の急停止装置(電気的制動方式のもの)の明細書
  ・ 新規型式検定申請書の別紙(該当する場合のみ)
  ・ 適合性証明申請書の別紙(該当する場合のみ)

 なお、コピー防止用紙は、産業安全技術協会が発行するその他の証明書等に使用することがあります。