証明対象


 現時点で登録適合性証明機関として証明の対象となっているものは以下のとおりです。

・ボイラーの運転の状態に係る異常があった場合に当該ボイラーを安全に停止させることができる機能その他の機能を有する自動制御装置

 証明の対象は、今後拡大される見込みです。登録適合性証明機関は、拡大された証明対象に対しても引き続き証明業務を行うことができます。