養成講座


平成29年度 静電気安全エキスパート養成講座 第3回 初級コース


 今年度最終の「静電気安全エキスパート養成講座 初級コース」を開講いたします。

 静電気は、爆発・火災を始め、生産障害、製品不良等、種々の災害・障害を引き起こす極めてやっかいなトラブルソースです。このトラブルソースは、静電気という摩擦等によって発生する自然現象であるため、そのトラブルシューティングには自然科学についての正しい知識と技術に基づいた防止対策が必要であり、それらを欠いた防止対策は、実施した効果がないだけではなく、逆にトラブルを増大することにもなりかねません。

 ここにご案内する静電気安全エキスパート養成講座の「初級コース」は、そのトラブルシューティングに必要な静電気に関する基礎知識、静電気対策の基本技術についての講座であり、カリキュラムはテキストを使っての静電気に関する平易な解説を始め、静電気現象を正しく把握するためのデモンストレーション実験、講師と参加者との対話形式による討論等からなります。専門外の方でも理解でき、修得した技術が実感できる静電気安全の入門コースです。詳細は、「静電気安全エキスパート養成講座のご案内 初級コース」のとおりです。

 職場で静電気安全を担当されている技術者をはじめ、今後、新しくこの業務に取り組まれる専門外の技術者の方にも、静電気安全の基礎技術が修得できるコースです。奮ってご参加くださいますようご案内します。


  ■ 初級コース〔定員 : 6名(最小開講人数 5名)〕

      開講予定日 : 平成30年2月19日(月)~2月23日(金): 5日間
            ※開講の2週間前までに最小開講人数に達しない場合は実施しません。
      講義時間 : 基本的に9時30分~16時30分
      会  場 : 公益社団法人 産業安全技術協会(埼玉県狭山市広瀬台2-16-26)会議室 予定
            ※開催期間中は、受講者の立入箇所に制限を設けさせて頂きますのでご了承ください。

「静電気安全エキスパート養成講座」とは