当協会で実施できる性能及び評価試験品目について

■IEC60079規格群による防爆性能試験

IEC60079規格に則った衝撃試験、温度試験、容器の圧力試験、火炎逸走防止性能試験、火花点火試験、耐電圧試験等を行います。

■配線用器具の防爆性能試験

爆発性雰囲気になる恐れのある場所(危険場所)で使用する電気機械器具は、それぞれの場所に適した検定に合格した防爆構造のものでなければなりませんが、 危険場所で使用するものであっても、ケーブルの接続の目的だけに用いる接続箱やシーリングフィッチング、フレキシブルチューブなどは、 電気機械器具ではないという法令上の解釈から、検定の対象とはなっていません。しかし、こうした配線用器具についても、防爆性能が確認されたものを供給し、 または使用したいというメーカーやユーザーの要望も多いことから、当協会では配線用器具の防爆性能試験をお受けしております。

■電気配線用接続箱

わが国では、爆発危険場所で使用する電気機器は、検定に合格した防爆構造のものでなければならないことが法令で定められています。 しかし、電気配線の付属品として使用される"接続箱"は、わが国では電気機器ではないため、検定の対象になっていません。 しかし、"接続箱"は、海外諸国では検定の対象となっており、また、わが国でも防爆性能が確認されたものを使用したいという 産業界からの要望も強いことから、当協会では製造者の自主的な求めに応じて、安全のための評価試験を実施しています。

■非電気機械器具等の防爆性能試験

機械制御機器、機械器具等の衝撃耐性、摩擦熱、温度上昇、衝撃火花点火、その他の防爆性能に関する試験を行います。

■乾式安全器

可燃性ガスと酸素を用いて金属などの溶接・溶断等の作業を行う時の逆火事故を防止するためには、「乾式安全器」の備え付けが必要です。 当協会では、「アセチレン溶接装置の安全器又はガス集合溶接装置の安全器の規格」に定める「乾式安全器」又は単びんの可燃性ガス用の「乾式安全器」について、 その安全性能の評価試験を行っています。

■安全靴のJIS T8101による性能試験

JIS T8101による衝撃試験、圧迫試験、かかと部の衝撃吸収及び強度試験を行います。

■安全帯の性能試験

厚生労働省の「安全帯の規格」に基づいた安全帯の性能試験を実施しており、胴ベルト型、ハーネス型のいずれであっても試験が可能です。また、規格で定められている85kgのトルソーだけでなく、100kgのトルソーによる落下試験も可能です。その他、ご要望に応じて各種試験を実施しております。

■防じんマスク、防毒マスク及び電動ファン付き呼吸用保護具等の安全性能試験

防じん・防毒マスクが使用される作業環境は多様であり、検定試験の範囲で確認される以外の特殊な性能に関しては、新たな試験を行う必要が生じています。 また、ユーザが実際の使用条件に近い条件でマスクの性能を知りたいという要望も出てきています。
当協会では、このような要望に応えるため、検定試験に併せて、各種の装置を利用し、面体試験、吸収管又はフィルター材料の粒子補集性能試験、 防毒マスク吸収缶又は吸着剤の性能試験、面体内圧試験、最低必要風量試験、騒音試験などの安全性能試験をお受けしております。

■化学防護服の性能試験

JIS T 8124-1 4.3.2及びJIS T 8124-2に則った浮遊固体粉じん防護用密閉服(タイプ5化学防護服)の微粒子エアロゾルに対する漏れ率試験を行います。

■化学物質の爆発・火災危険性評価試験

可燃性のガス・蒸気・粉じん、または自己反応性物質などは、着火源のもとで引火・爆発を引き起こしたり、 雰囲気温度により酸化・分解反応が促進し、ついには発火・爆発を引き起こすことがしばしばあります。 これら化学物質を安全に取り扱うためには、発火・爆発特性や分解特性を事前に測定・評価することが必要であります。 当協会では、依頼に応じてこれらの危険特性値を測定し、試験結果書を発行しております。

■静電気用品等の帯電防止性能試験

静電気帯電にともなう可燃性のガス、蒸気または粉じんへの放電着火の危険性は、それら可燃性物質を取り扱う工程においては、 事前に確認しておかなければならない重要な特性であります。安全性能試験室では、これらの静電気放電による爆発・火災を防止する上で必要な、 物品の静電気帯電防止性能・導電性能試験等をお受けしております。

■その他の安全性能試験

その他、会長が認める安全性能試験をお受けしております。詳細につきましては、お問い合せください。