性能及び評価試験の概要


当協会は、自主的な試験業務として国内外の規格・基準による安全性能試験や化学物質の危険性評価試験を行っています。それらの業務は、技術支援部で実施しています。
特に、平成18年12月1日から、労働安全衛生法の改正により、化学物質の引火、爆発などの危険性のある物質を譲渡・提供する者は、それらの危険性をSDS(安全データシート)として作成しなければならないこととなっています。また、化学物質の混合物についてもSDSが必要になります。